男性

会議や対談などのシーンに合わせて文字起こしの依頼をしよう

英語の場合でも

女性

英語の文字起こしは需要も多く、対応している業者も多く存在します。初めて依頼する場合、仕上がりに不安を感じることもあるかと思うので、試しに文字起こしをしてもらえるサービスを活用すると良いでしょう。

様々な言語に対応

女の人

ネイティブなスタッフによる多言語翻訳にも対応している業者があり、様々な文字起こしを引き受けてくれます。納品後に修正してほしいところがあれば、無料で引き受けるサービスを行なっているところもあります。

同時に依頼

男女

翻訳代行の場合、文字起こしと翻訳を同時に依頼することでセット割引をしてくれる業者もあります。また、同時に作業することで作業日数を短縮することもできるので、一石二鳥といえます。

文字起こしの種類

男性

会議や対談などでは、会話を録音しておいて、データをもとに文字起こしをするという作業をしているという会社がほとんどでしょう。録音せずにその場ですぐ記録するということはとても難しいので、しっかりした記録を残すためにも、文字起こしの作業はとても大切です。しかし、会議の度に文字起こしの作業に時間を割かれるのは、通常業務にも影響を及ぼすことになりかねません。そのため、文字起こしの専門業者に依頼して、作業を代行してもらいましょう。専門業者による文字起こしの作業には、いくつか種類があります。素基本は録音データをそのまま起こしますが、会議等で多くみられる、やり取りしている間の相槌などが不要の場合は省くという作業もします。

ほかにはケバ取りという文字起こしの種類もあり、重複している部分を削除したり、不要な言葉を削除したりする作業があります。素起こしのようにすべての言葉を起こさないので、ケバ取りの方がすっきりと読みやすい仕上がりになります。どちらの種類でも、料金は録音データの時間や作業日数によって変わります。録音データの時間が短いほど、作業日数が長いほど料金は安くなります。多言語翻訳を依頼する場合などは時間がかかることが多いので、依頼する際には早めに発注をしましょう。ほかにもオプションやサービスを設定している業者もありますので、希望に沿ったプランで依頼することができます。ネイティブなスタッフが在籍し、チェックも念入りに行なう業者もありますので、業者選びの参考にすると良いでしょう。